引越し業者の選び方マニュアル&リンク集

引越し業者

引越し業者 TOPへ
はじめに

許認可
ナンバープレート
保険に未加入
料金が時間制
約款まとめ

見積り時の作戦
ダンボール作戦
内金・手付金
キャンセル料
追加料金
対応ひきのばし作戦

家具にキズ
時間に遅れる
荷物の積み残し
スタッフ数が少ない

大手引越し業者
中堅引越し業者
軽貨物運送業者

料金のしくみ
オンライン見積りって?
トラックの目安

メリット・デメリット
クルマの手配
ヒトの手配
引越し用具を用意
搬出のコツ
クルマに積む時のコツ
搬入のコツ

準備は余裕をもって
不要な物を売る
フリー便・午後便って?
チャーター便・混載便
積み切り契約に注意
引越し時期を調整
ダンボールの用意

大まかな流れ
1ヶ月前
2週間前
1週間前
前日
引越し当日
引越し後2週間

リビング家具
キッチン周り
本・CD

えころじこんぽ
らくらくパック
シニアパック
耐震グッズ
盗聴器調査

プロフィール
メールを送る

生活関係リンク集
住まい関係リンク集
探偵・防犯関係リンク集
探偵/興信所の選び方
探偵と興信所

いまや引越しの見積りは複数の会社から取るのが当たり前の時代になってます。
きちんとした見積りをしてもらうためにも、訪問してもらって見積りをしてもらうのが
良い方法だってことは何となく分かってもらえるんじゃないかと思います。
他社に契約を渡すまいと色んなテを使ってきます。
気をつけたほうがいいアチラの「作戦」をいくつかご紹介。

●割引をいっぱいする
はじめに提示していた金額から割引、割引…と言って割り引いてどんどん値が下がっていくパターン。
一見良いように見えますが「じゃあ最初の値段ってなに?」ってなりますよね。
心理学の実験でも、無理な要求をはじめにされて次に小さな要求をされるとそれを受け入れやすくなる、というのは証明されてるみたいです。
たとえば「1万円かして」って言われて、「ムリ?じゃあ…1000円でもいいからかして!」
と来られると仕方ないなぁ、となるわけです。
本当は1000円が欲しかっただけだとしても、最初にデカい金額を言うと成功率アップ!となるんです。

●「即決割引」を強くすすめる
「期間限定!」とか「30個限定!」「先着100名様!」って言葉に弱いヒト、
案外多いんじゃないでしょうか。。ぼくもです(´∀`;)
見積りに来た営業マンもこれを利用することがあります。
「今日決めていただければ○万円引かせていただきます!」てな具合で。
そういう値引交渉をこっちが利用するテもあるんですが、
他社と比較されるとマズいことがあるのかも・・・注意です。

●他社の悪口を言う
あるていどの比較なら問題ないんですが、社名を出してまで悪口を言うような会社は
そういう人間性だと思ったほうがいいです。
たとえば○○センターにも見積りをお願いしてる、とこちらが言うと
「○○センターさんはアルバイトばっかり使ってると聞きますよ〜」
などなど。自社のアピールができる会社の方が好ましいですよね。

●なかなか帰ろうとしない
最悪な営業マンになると「契約してくれるまで帰りません!」なんて言うらしい…
ぼくは見たことがないし、友達の友達、の話ですけど。
でもこれは違法行為だからおまわりさんを呼びましょう!

Copyright(C)2006 引越し業者の選び方マニュアル All rights reserved.